HOME > 研究事業について > 現代性教育研究ジャーナル(2020年)

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研究事業について
現代性教育研究ジャーナル
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 青少年の性行動調査

現代性教育研究ジャーナル

毎月15日更新のマンスリーレポート。性教育の実践課題の研究、セクシュアリティにかかわる内外の動向などを紹介。

「現代性教育研究ジャーナル」は、無料でダウンロードや閲覧ができるPDF形式のマンスリーレポートです。
ご覧になる号のダウンロードボタンをクリックして、ダウンロードして下さい。


現代性教育研究ジャーナル(2020年) 目次

No.110 (2020年5月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.110(2020年5月発行)PDF

ダウンロード
新学習指導要領と性教育 中学校の性教育を中心に
――堀内比佐子(全国性教育研究団体連絡協議会事務局長)
北東北性教育研修セミナー2020・報告
プライドハウス東京と地方の実践開催報告
――岡田実穂(北東北性教育研修セミナー実行委員会共同代表)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (26) 「差別っておかしいと思うのです」同僚とのやり取りから
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
性教育の現場を訪ねて(38) 千葉県長生村立長生中学校(下)養護教諭と教員のT・Tで取り組む特別支援学級の思春期教育
――(取材・文 エム・シー・プレス 中出三重)
多様な性のゆくえ One side/No side(37) コロナ時代のセーファーセックス
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド 感染症に対する理解を深める
岩田健太郎著『新型コロナウイルスの真実』ベスト新書
――今福貴子(日本性科学連合事務局長)
No.109 (2020年4月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.109(2020年4月発行)PDF

ダウンロード
プレコンセプション・ケアと性の健康教育
――北村邦夫(一般社団法人日本家族計画協会理事長)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (25) 「シゲせんせーテレビで見ましたよ」保護者とのやり取りから
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
多様な性のゆくえ One side/No side(36) 「人」より「事」を観る
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
性教育の現場を訪ねて(37) 千葉県長生村立長生中学校(上)各学年と特別支援学級の4本柱ですすめる思春期教育
――(取材・文 エム・シー・プレス 中出三重)
今月のブック・ガイド 欧米のLGBTが背負った過酷な歴史
ジェローム・ポーレン(著) 北丸雄二(翻訳)『LGBT ヒストリーブック 絶対に諦めなかった人々の100年の闘い』サウザンブックス社
――伏見憲明(作家)
No.108 (2020年3月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.108(2020年3月発行)PDF

ダウンロード
トイレ・更衣室をめぐる古くて新しい問題の射程
――東 優子(大阪府立大学教授)
東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター
「青少年の性行動全国調査委員会」が2019年度寄託者表彰を授賞
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (24) 「シゲせんせーのこれから」未来に向かって
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
多様な性のゆくえ One side/No side(35) 大金持ちへの挑戦状
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
性教育の現場を訪ねて(36) 千葉県立上総高等学校(下)学校全体で行う性教育の基盤づくりと意識変化
――(取材・文 エム・シー・プレス 中出三重)
今月のブック・ガイド カフェで、膣会、膣トーク
エレン・ストッケン・ダール、ニナ・ブロックマン著 池田真紀子訳『世界中の女子が読んだ! からだと性の教科書』NHK出版
――野坂祐子(大阪大学大学院准教授)
No.107 (2020年2月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.107(2020年2月発行)PDF

ダウンロード
未成年者を狙う性犯罪・性暴力の膨張と深刻化
――平川和子(特定非営利活動法人性暴力救援センター・東京理事長)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (23) 「3回目の退職」37年間のクローゼット人生の終わり
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
性教育の現場を訪ねて(35) 千葉県立上総高等学校(上)教科横断的な性教育の取り組みを目指して
――(取材・文 エム・シー・プレス 中出三重)
多様な性のゆくえ One side/No side(34) ゴールなき闘いは続く
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド アジアに広がるBL現象
ジェームズ・ウェルカー編著『BLが開く扉 変容するアジアのセクシュアリティとジェンダー』青土社
――伏見憲明(作家)
No.106 (2020年1月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.106(2020年1月発行)PDF

ダウンロード
JASE性教育研修セミナー2019 in大阪・報告
令和時代の若者は、不活発化でセックスレス!? ~日本と中国の「性行動調査」にみる若者像~
JASE 性教育研修セミナー2019 in 青森・報告
若者の性について、青森の地で考える
――岡田実穂(北東北性教育研修セミナー実行委員会共同代表)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (22) 「2回目の退職」ゲイアプリと東京ゲイ
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
性教育の現場を訪ねて(34) 奈良県奈良市立都南中学校(下)確かな手ごたえを感じながら取り組む多様な性の授業
――(取材・文 エム・シー・プレス 中出三重)
多様な性のゆくえ One side/No side(33) カミングアウト10年の時差
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド 無知が犯す過ちを防ぐために
「なくそう!SOGIハラ」実行委員会編『はじめよう!SOGIハラのない学校・職場づくり』大月書店
――日向野一生(教育ジャーナリスト)
ページのトップに戻る