HOME > 研究事業について > 現代性教育研究ジャーナル(2021年)

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研究事業について
現代性教育研究ジャーナル
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 青少年の性行動調査

現代性教育研究ジャーナル

毎月15日更新のマンスリーレポート。性教育の実践課題の研究、セクシュアリティにかかわる内外の動向などを紹介。

「現代性教育研究ジャーナル」は、無料でダウンロードや閲覧ができるPDF形式のマンスリーレポートです。
ご覧になる号のダウンロードボタンをクリックして、ダウンロードして下さい。


現代性教育研究ジャーナル(2021年) 目次

No.119 (2021年2月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.119(2021年2月発行)PDF

ダウンロード
東京HIVと性の教育セミナー2020/東京性教育研修セミナー2020 報告
HIVと性の教育 UPDATE!
性の教育をする前にこれだけは知っておこう
北東北性教育研修セミナー2020 冬・報告
COVID-19とLGBTIQAコミュニティ
Gender Based Violence をはじめとした性の健康課題の現状
――岡田実穂(北東北性教育研修セミナー実行委員会共同代表)
〈日本性教育協会創立50周年記念・特別寄稿6〉
継続する「青少年の性行動全国調査」
――片瀬一男(東北学院大学教養学部教授)
〈日本性教育協会創立50周年記念・特別寄稿7〉
「青少年の性行動全国調査」のこれまでとこれから
――加藤秀一(明治学院大学社会学部教授)
「ありのままのわたしを生きる」ために・その後(6) 「研究生活のはじまり」
――土肥いつき(京都の公立高校教員)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (35)「思いやりだけで人権は守れない」構造に目を向けて
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
多様な性のゆくえ One side/No side(46) 離れてもつながる工夫
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド 「正常」と「病的」の境界
斉藤章佳著『セックス依存症』幻冬舎新書
――伏見憲明(作家)
No.118 (2021年1月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.118(2021年1月発行)PDF

ダウンロード
テーマが「性」でも対応できる臨床心理士/公認心理師をどう育てるか
――佐々木掌子(明治大学文学部准教授(心理社会学科臨床心理学専攻))
〈日本性教育協会創立50周年記念・特別寄稿5〉
国際学会と日本性教育協会(JASE)
――大川玲子(日本性科学会理事/国立病院機構千葉医療センター非常勤(婦人科医師))
「ありのままのわたしを生きる」ために・その後(5) 「等身大でいい」
――土肥いつき(京都の公立高校教員)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (34)「周りの目が気になっちゃうんだよね」親友とのやりとりから
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
多様な性のゆくえ One side/No side(45) 「ギャグ」はもう終わりにしたい
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド AV業界から見える社会のしくみ
澁谷果歩著『AVについて女子が知っておくべきすべてのこと』サイゾー
――野坂祐子(大阪大学大学院准教授)
ページのトップに戻る