HOME > 研究事業について > 現代性教育研究ジャーナル(2019年)

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研究事業について
現代性教育研究ジャーナル
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 青少年の性行動調査

現代性教育研究ジャーナル

毎月15日更新のマンスリーレポート。性教育の実践課題の研究、セクシュアリティにかかわる内外の動向などを紹介。

「現代性教育研究ジャーナル」は、無料でダウンロードや閲覧ができるPDF形式のマンスリーレポートです。
ご覧になる号のダウンロードボタンをクリックして、ダウンロードして下さい。

ご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。


既刊の『現代性教育研究ジャーナル』は全て、日本性教育協会資料室でも閲覧できます。

現代性教育研究ジャーナル(2019年) 目次

No.101 (2019年8月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.101(2019年8月発行)PDF

ダウンロード
東日本大震災復興支援プロジェクト報告
東日本大震災発生から平成31年3月で8年
そして令和元年を迎え、今、被災地の若者に必要なこと、それは未来を創りあげる生きる力の強化
――髙村壽子(日本ピアカウンセリング・ピアエデュケーション研究会代表)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (17) 「男らしさの鎧をまとって」高校時代
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
性教育の現場を訪ねて(29) 東京都立南多摩中等教育学校(上) 念入りな準備を行い、臨んだ「学習指導要領に示されていない内容を含む性教育」のモデル授業
――(取材・文 エム・シー・プレス/中出三重)
多様な性のゆくえ One side/No side(28) 安心して集える場所
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド 欲望とジャスティスの間を振れながら
鈴木涼美著『女がそんなことで喜ぶと思うなよ 愚男愚女愛憎世間今昔絵巻』集英社
――伏見憲明(作家)
No.100 (2019年7月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.100(2019年7月発行)PDF

ダウンロード
思春期教育と児童の成長についての国際研究会報告
――俣野美咲(武蔵大学大学院・日本学術振興会特別研究員)
北東北性教育研修セミナー2019 報告
なんでないの?! を声に出すためにin 青森
――岡田実穂(北東北性教育研修セミナー実行委員会共同代表)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (16) 「強まる同性への性的指向」中学校時代
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
性教育の現場を訪ねて(28) 北海道余市町立旭中学校(下) 生徒が必要な知識・態度を習得できるように全職員で取り組む性の指導
――(取材・文 エム・シー・プレス/中出三重)
多様な性のゆくえ One side/No side(27) 勝利よりも優先すべき価値
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド 時間・空間軸で二丁目を俯瞰
伏見憲明著『新宿二丁目』新潮新書
――日向野一生(教育ジャーナリスト)
No.99 (2019年6月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.99(2019年6月発行)PDF

ダウンロード
ドイツの現在の性別登録にかかわる法制度と諸問題
――石嶋舞(ヨハネス・グーテンベルク大学マインツ客員研究員)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (15) 「男の子も好き 女の子も好き」小学校時代
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
性教育の現場を訪ねて(27) 北海道余市町立旭中学校(上) 学校全体の教育活動としてすすめる性に関する指導の実践
――(取材・文 エム・シー・プレス/中出三重)
多様な性のゆくえ One side/No side(26) 先頭を歩く人
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド LGBT版『家庭の医学』!!
石田仁著『はじめて学ぶLGBT 基礎からトレンドまで』ナツメ社
――伏見憲明(作家)
No.98 (2019年5月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.98(2019年5月発行)PDF

ダウンロード
SNSによる「出会いの変化」が梅毒増加の原因か?
――鈴木陽介(利根中央病院産婦人科)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (14) 「男にそんなにくっつくなよ」幼少期から小学校
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
多様な性のゆくえ One side/No side(25) もちろん法律も変わっている
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
性教育の現場を訪ねて(26) 東京都港区立港南中学校(下) 修正・改善を重ねて構築した性教育の指導
――(取材・文 エム・シー・プレス/中出三重)
今月のブック・ガイド 私が私を愛するために
あらいぴろよ著『"隠れビッチ"やってました。』光文社(2016年9月)
――野坂祐子(大阪大学大学院准教授)
No.97 (2019年4月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.97(2019年4月発行)PDF

ダウンロード
学校現場で起きる教師のセクハラ
――入江直子(NPO法人スクール・セクシュアル・ハラスメント防止関東ネットワーク代表/神奈川大学名誉教授)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (13) 「シゲせんせー人生の棚卸作業」一度立ち止まる、40年を振り返る
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
性教育の現場を訪ねて(25) 東京都港区立港南中学校(上) 全校体制で行う「生きる力を育む」性教育
――(取材・文 エム・シー・プレス/中出三重)
多様な性のゆくえ One side/No side(24) 結婚記念カード
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド おちんちんの不思議
浅利昌男監修『どうぶつのおちんちん学』緑書房
――伏見憲明(作家)
No.96 (2019年3月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.96(2019年3月発行)PDF

ダウンロード
デートDV防止全国ネットワークの活動
――阿部真紀(NPO法人デートDV防止全国ネットワーク事務局長)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (12) 「シゲせんせーのこれから」バトンをつなげ
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
性教育の現場を訪ねて(24) 岡山県倉敷市立船穂中学校(下) 性の多様性を認め合う授業 第2学年の学びを他学年に伝える
――(取材・文 エム・シー・プレス/中出三重)
多様な性のゆくえ One side/No side(23) 世銀総裁も辞任した
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド 性のタブーに笑いで 斬り込む
リーヴ・ストロームクヴィスト作/相川千尋訳『禁断の果実 女性の身体と性のタブー』花伝社
――今福貴子(日本性科学連合事務局長)
No.95 (2019年2月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.95(2019年2月発行)PDF

ダウンロード
小中学校における性的マイノリティへの支援の現状と課題 全国調査の自由記述から
――本多明生(静岡理工科大学情報学部准教授)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (11) 「ゲイという看板」先生のカミングアウトとその後
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
性教育の現場を訪ねて(23) 岡山県倉敷市立船穂中学校(上) 性の多様性を認め合う児童生徒の育成 岡山県倉敷市教育委員会が行った先駆的な取り組み
――(取材・文 エム・シー・プレス/中出三重)
多様な性のゆくえ One side/No side(22) 十分な蓋然性の証明
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド 独りで歩き始めたからこそ
こうき/絵 中村うさぎ/文『ぼくは、かいぶつになりたくないのに』日本評論社
――伏見憲明(作家)
No.94 (2019年1月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.94(2019年1月発行)PDF

ダウンロード
東京性教育研修セミナー 2018 報告
青少年の性行動の不活性化と多様性 「第8回 青少年の性行動全国調査」からみえてくる若者像
多様な性のゆくえ One side/No side(21) 改めて5つのCを問う
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (10) 「失敗した話を聞かせて欲しいです」 先生も失敗する
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
性教育の現場を訪ねて(22) 千葉県立姉崎高等学校(下) 授業で講座の事後指導、学習効果を高める性教育の取り組み
――(取材・文 エム・シー・プレス/中出三重)
今月のブック・ガイド 関係性を見直す温かなメッセージ
マッティ・ピックヤムサ/アンッティ・エルヴァスティ著、奥村健一訳『Cup Of Therapy だいじょうぶ。』MUJI BOOKS
――野坂祐子(大阪大学大学院准教授)
ページのトップに戻る