HOME > 研究事業について > 現代性教育研究ジャーナル(2022年)

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研究事業について
現代性教育研究ジャーナル
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 青少年の性行動調査

現代性教育研究ジャーナル

毎月15日更新のマンスリーレポート。性教育の実践課題の研究、セクシュアリティにかかわる内外の動向などを紹介。

「現代性教育研究ジャーナル」は、無料でダウンロードや閲覧ができるPDF形式のマンスリーレポートです。
ご覧になる号のダウンロードボタンをクリックして、ダウンロードして下さい。


現代性教育研究ジャーナル(2022年) 目次

No.134 (2022年5月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.134(2022年5月発行)PDF

ダウンロード
教員の性加害の実態と予防
――今井由樹子(奈良大学准教授)
北東北性教育研修セミナー2022春・報告
国際セクシュアリティ教育ガイダンス』を知る 包括的セクシュアリティ教育実践のために
――山下梓(北東北性教育研修セミナー実行委員会メンバー、弘前大学助教)
いつきの"ヒューマン・ビーイング"人権について考える(14) 多様性ワークショップのはじまり
――土肥いつき(京都の公立高校教員)
多様な性のゆくえ One side/No side(61) グラデーションの中の1人
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド 日本のLGBTの歴史を綴る
永易至文著『「LGBT」ヒストリー』緑風出版
――伏見憲明(作家)
No.133 (2022年4月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.133(2022年4月発行)PDF

ダウンロード
SEE性教育アカデミー2021報告
みんなで考えよう 私たちのSAR プログラム
――野坂祐子(SEE共同代表、大阪大学大学院准教授)
いつきの"ヒューマン・ビーイング"人権について考える(13) 多様性ワークショップの可能性
――土肥いつき(京都の公立高校教員)
多様な性のゆくえ One side/No side(60)  境界を越え煌めく世界
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド 性的同意について幼少期から
遠見才希子作/佐々木一澄絵『性とからだの絵本 うみとりくのからだのはなし』童心社
――今福貴子(日本性科学連合事務局長)
No.132 (2022年3月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.132(2022年3月発行)PDF

ダウンロード
なぜ「トランスジェンダー男性学」なのか
トランスジェンダーと男性学の接続点を探る
――周司あきら(『トランス男性によるトランスジェンダー男性学』著者)
いつきの"ヒューマン・ビーイング"人権について考える(12) 多様性ワークショップの紹介
――土肥いつき(京都の公立高校教員)
多様な性のゆくえ One side/No side(59)  荒波を超えて
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
性教育・性科学 世界の今 [不定期連載(3)] 包括的セクシュアリティ教育をめぐって
――柳田正芳(性の健康イニシアティブ 立ち上げ人/ 代表、日本性科学会事務局長、WAS(性の健康世界学会)Youth Initiative 元メンバー。)
今月のブック・ガイド 哲学的に理論化の試み
神名龍子著『トランスジェンダーの原理 社会と共に「自分」を生きるために』ポット出版
――伏見憲明(作家)
No.131 (2022年2月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.131(2022年2月発行)PDF

ダウンロード
家庭での未就学児に対する性教育の実態とは
「2021年全国おうち性教育実態調査」より
――林雄亮(武蔵大学教授)
いつきの"ヒューマン・ビーイング"人権について考える(11) 人権教育との出会い
――土肥いつき(京都の公立高校教員)
多様な性のゆくえ One side/No side(58)  「ラブ吉先生」
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
性教育の現場を訪ねて(50) 北海道室蘭市立星蘭中学校(下)全校生徒に伝えたい! 授業に込めたメッセージ
――(取材・文 エム・シー・プレス 中出三重)
今月のブック・ガイド 「わきまえろ」の呪いを蹴っ飛ばせ!
リンディ・ウェスト著、金井真弓訳『わたしの体に呪いをかけるな』双葉社
――野坂祐子(大阪大学大学院准教授)
No.130 (2022年1月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.130(2022年1月発行)PDF

ダウンロード
第21 回JFS 性科学セミナー報告
ポスト・コロナ・セクシュアリティ
いつきの"ヒューマン・ビーイング"人権について考える(10) 最初に伝えたいこと
――土肥いつき(京都の公立高校教員)
性教育の現場を訪ねて(49) 北海道室蘭市立星蘭中学校(上)全学年で取り組む「生と性を考える授業」
――(取材・文 エム・シー・プレス 中出三重)
多様な性のゆくえ One side/No side(57) トランスマーチを歩く
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド 興味深い歴史研究
山口志穂著『オカマの日本史』ビジネス社
――伏見憲明(作家)
ページのトップに戻る