HOME > 研究事業について > 現代性教育研究ジャーナル(2020年)

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研究事業について
現代性教育研究ジャーナル
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 青少年の性行動調査

現代性教育研究ジャーナル

毎月15日更新のマンスリーレポート。性教育の実践課題の研究、セクシュアリティにかかわる内外の動向などを紹介。

「現代性教育研究ジャーナル」は、無料でダウンロードや閲覧ができるPDF形式のマンスリーレポートです。
ご覧になる号のダウンロードボタンをクリックして、ダウンロードして下さい。

ご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。


既刊の『現代性教育研究ジャーナル』は全て、日本性教育協会資料室でも閲覧できます。

現代性教育研究ジャーナル(2020年) 目次

No.107 (2020年2月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.107(2020年2月発行)PDF

ダウンロード
未成年者を狙う性犯罪・性暴力の膨張と深刻化
――平川和子(特定非営利活動法人性暴力救援センター・東京理事長)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (23) 「3回目の退職」37年間のクローゼット人生の終わり
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
性教育の現場を訪ねて(35) 千葉県立上総高等学校(上)教科横断的な性教育の取り組みを目指して
――(取材・文 エム・シー・プレス 中出三重)
多様な性のゆくえ One side/No side(34) ゴールなき闘いは続く
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド アジアに広がるBL現象
ジェームズ・ウェルカー編著『BLが開く扉 変容するアジアのセクシュアリティとジェンダー』青土社
――伏見憲明(作家)
No.106 (2020年1月15日発行)
現代性教育研究ジャーナルNo.106(2020年1月発行)PDF

ダウンロード
JASE性教育研修セミナー2019 in大阪・報告
令和時代の若者は、不活発化でセックスレス!? ~日本と中国の「性行動調査」にみる若者像~
JASE 性教育研修セミナー2019 in 青森・報告
若者の性について、青森の地で考える
――岡田実穂(北東北性教育研修セミナー実行委員会共同代表)
思いこみのめがね シゲせんせーのポジティブライフ (22) 「2回目の退職」ゲイアプリと東京ゲイ
――鈴木茂義(公立小学校非常勤講師)
性教育の現場を訪ねて(34) 奈良県奈良市立都南中学校(下)確かな手ごたえを感じながら取り組む多様な性の授業
――(取材・文 エム・シー・プレス 中出三重)
多様な性のゆくえ One side/No side(33) カミングアウト10年の時差
――宮田一雄(ジャーナリスト。公益財団法人エイズ予防財団理事、特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長。)
今月のブック・ガイド 無知が犯す過ちを防ぐために
「なくそう!SOGIハラ」実行委員会編『はじめよう!SOGIハラのない学校・職場づくり』大月書店
――日向野一生(教育ジャーナリスト)
ページのトップに戻る