HOME > 研究助成について > 東京性教育研修セミナー助成

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研究助成について
  • 全国性教育研究大会助成
  • SEEアカデミー性教育助成
東京性教育研修セミナー
  • 最新のテーマ
  • 過去のテーマ
  • 北東北性教育研修セミナー助成

東京性教育研修セミナー助成

1976年より日本におけるセクソロジーの基礎づくりを目指して開催してきた「日本=性研究会議(JASS)」を、2011年度より、東京性教育研修セミナーとし、協賛・助成します。
人間の性にかかわる自然科学、社会科学、教育学などの研究者や団体が研究発表するセミナーを協賛します。

東京HIVと性の教育セミナー2020/東京性教育研修セミナー2020

令和の幕開けに「性教育の手引」(東京都)が改定され、性教育の門戸がひろがりました。待ちに待ったこのチャンス逃してなるものか! とはいえ、性教育をする前に知っておきたいことがある。それは、イマドキの若者の性、本当はどうなっているのか、ということ。 そこで最新データと新たな動きをとおして若者のセクシュアリティに迫り、新たな性の教育を探ってみましょう。

テーマ 令和の若者たちの性事情 UPDATE!
性の教育をする前にこれだけは知っておこう
主催 認定NPO法人ぷれいす東京
協賛 日本性教育協会
日程 2020年11月22日(日)10:00〜12:00 オンライン開催
開催方法 オンライン(ZOOMを使用) ※詳細は申込者に直接連絡
プログラム プログラム 若者の性事情 UPDATE 3つの視点から
(1)2010年代における青少年の性行動
00年代の消極化の先にあるものbr /> 林雄亮(武蔵大学社会学部教授)

(2)性と健康
急に増えた梅毒。HIV /梅毒検査の最前線から
城所敏英(東京都南新宿検査・相談室室長/医師)

(3)性と人権 同性婚訴訟始まる
同性パートナーシップと何がどう違うのか
佐藤郁夫(同性婚訴訟東京原告の一人/ぷれいす東京)

司会・生島嗣(ぷれいす東京)
参加費 無料
定員 50名
対象 教育現場で性教育、保健教育を実践している方、教職員、養護教諭、保健師、助産師など
参加申込 以下のフォームより、お申し込みください。
https://business.form-mailer.jp/fms/9e76a96284989
問合せ先 ぷれいす東京セミナー係
Eメール:office@ptokyo.org TEL:03-3361-8964


これまでの東京性教育研修セミナー・日本=性研究会議(JASS)のテーマはこちら

ページのトップに戻る