HOME > 研修会ガイド > JASE主催・共催・後援(過去の研修会)

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研修会ガイド
JASE後援・協賛
  • 最新のセミナー
  • 過去のセミナー
  • 各種団体

JASE主催・共催・後援・協賛(過去のセミナー)

過去1年間に当協会の主催・共催・協賛・後援、いずれかで開催された各種研究会・研修会・セミナーについてお知らせしています。
※以下の講習会は終了しましたが、参考として掲載しています。


北東北性教育研修セミナー 2020

2020年、「オリンピックイヤー」の中で様々な企画、事業が生まれてきています。その一つとしてバンクーバー五輪を契機に性的マイノリティ(LGBTQ)の居場所作りや情報発信拠点が作られるようになりました。東京でも、プライドハウス東京として、2019年からその準備、実践が進んでいます。
今回は、プライドハウスとは何なのか、何故必要なのか、LGBTQ を取り巻く環境や今後を見据え、お話しいただきます。また、そうした国内外での取り組みのなかで不可視化されがちな、地方での活動や当事者の声をどう活かしていくのか、各地の当事者の生きやすさに繋ぐためには、などなど、お話しいただきます。

テーマ プライドハウスの実践と地方の活動
日程 2020年3月4日(水)19:00〜20:30
会場 青森市男女共同参画プラザ・カダール研修室
(青森市新町1-3-7 アウガ5F)
講師 松中権(プライドハウス東京代表、認定NPO 法人グッド・エイジング・エールズ代表)
宇佐美翔子(青森レインボーパレード実行委員会共同代表、Broken Rainbow - japan 代表)
主催 北東北教育研修セミナー実行委員会
協賛 日本性教育協会
参加費 500円
問合せ先 rc-net@goo.jp


第20回九州ブロック性教育研究大会・第24回熊本県性教育研究大会

テーマ 児童生徒が今の性の状況を賢明に生き抜く為に必要な性に関する情報と性教育
主催 熊本県性教育研究会
共催 全国性教育研究団体連絡協議会九州ブロック性教育研究協議会
協賛 日本性教育協会
日程 2020年2月15日(土)9:30〜15:00
会場 国立大学法人熊本大学工学部百周年記念館(熊本市中央区黒髪2-39-1)
プログラム 基調講演 10:00〜10:50
「新学習指導要領を踏まえた性に関する指導の推進」 横嶋 剛(文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課健康教育調査官)

講演・1 11:00〜12:00
「より複雑化し、分極化する若者の性意識・性行動を理解する〜「第8回青少年の性行動全国調査」から見えてくること〜」
石川由香里(第8回青少年の性行動調査委員長・活水女子大学健康生活学部教授)

講演・2 13:20〜14:20
「現実に起きているSNS 等による児童生徒の性被害について考える〜若者の性被害の現状と性被害防止の取り組みの実際〜」
矢津田竜太(熊本県警察本部生活安全部少年課係長)

体験発表およびフロアとの質疑応答 14:30〜16:00
参加費 3500 円(学生1000 円)
定員 200名
問合せ先 メールアドレス kumaseikenivent@gmail.com


JASE性教育研修セミナー 2019 in 大阪

日本性教育協会(JASE)が実施した「第8回青少年の性行動全国調査」の報告と、ほぼ同時期に実施した中国(北京・上海・広州)の「性行動調査」の分析報告、世界の若者の性行動の実態などをもとに、現代の若者の性行動・性意識の変化をみていきます。さらに、それらの報告をもとにこれからの性教育のあり方をみなさんと考えていきます。

テーマ 令和時代の若者は、不活発化でセックスレス!?
〜日本と中国の「性行動調査」にみる若者像〜
主催 一般財団法人日本児童教育振興財団内 日本性教育協会
共催 SEE(Sexuality Education and Empowerment)
大阪府立大学女性学研究センター
日程 2019年12月14日(土)18:00〜20:40(受付17:30〜)
会場 大阪府立大学I-Siteなんば(大阪市浪速区敷津東2-1-41)
プログラム 18:00〜18:30 講演1
性行動・意識の消極化と分極化
(武蔵大学社会学部准教授 林 雄亮)

18:30〜19:00 講演2
避妊行動の実態と性教育の可能性
(帝塚山学院大学人間科学部教授 土田陽子)

19:00〜19:30 講演3
中国における性行動・性意識の現状と日本との比較
(関西大学社会学部教授 守 如子)

19:30〜20:00 講演4
世界の若者の性行動・性意識の変化
(大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科教授 東 優子)

20:10〜20:40 Q&A・ディスカッション
「これからの性教育をどう進めていくか」
(モデレーター・大阪大学大学院人間科学研究科准教授 野坂祐子)
参加費 一般1,000円、学生500円(当日支払い)
定員 80名
対象 教育、保健、看護、医療関係者、学生、「性」「性教育」「セクソロジー」に関心のある方
問合せ先 一般財団法人日本児童教育振興財団内 日本性教育協会事務局
(〒112-0002 東京都文京区小石川2-3-23 春日尚学ビルB1)
<お問い合わせ番号>03-6801-9307


JASE性教育研修セミナー 2019 in 青森

日本性教育協会(JASE)が実施した「第8回青少年の性行動全国調査」結果からみえる青少年の性行動、性意識の変遷と、日本と海外の性教育の違いからみえてくる課題を探ります。

テーマ 「若者の性」をめぐる不活発化、セックスレス、性的被害
〜「青少年の性行動全国調査」にみる若者像とこれからの性教育〜
主催 一般財団法人日本児童教育振興財団内 日本性教育協会
共催 北東北性教育研修セミナー実行委員会
日程 2019年11月23日(土・祝日)14:00〜16:40(受付13:30〜)
会場 青森市総合福祉センター 大集会室 (青森市中央3-16-1)
プログラム 14:00〜14:50 講演1
「性行動全国調査」結果の趨勢と性的被害の動向
(弘前大学人文社会科学部教授 羽渕一代)

15:00〜15:50 講演2
国内外の教科書等からみえてくる日本の性教育の課題と可能性
(女子栄養大学非常勤講師 茂木輝順)

16:00〜16:40 Q&A・ディスカッション
(モデレーター・北東北性教育研修セミナー共同代表 岡田実穂)
参加費 無料
定員 80名
対象 教育、保健、看護、医療関係者、学生、「性」「性教育」「セクソロジー」に関心のある方
問合せ先 一般財団法人日本児童教育振興財団内 日本性教育協会事務局
(〒112-0002 東京都文京区小石川2-3-23 春日尚学ビルB1)
<お問い合わせ番号>03-6801-9307


SEE(Sexuality Education and Empowerment)主催 対話型ワークショップ

今回のワークショップは、子どもの性暴力をテーマに、基本的理解と対応を学びながら、支援的にかかわろうとすることで自分自身に及ぶ影響やセルフ・ケアにも目を向けていきます。日々の業務や支援的かかわりで直面する困難を共有しつつ、みんなで学び合う少人数制セミナーです。

テーマ こんなとき、どうする?どうみる?性にまつわる様々なトラブル。
〜学校現場での被害・加害を中心に〜
主催 SEE(Sexuality Education and Empowerment)
協賛 日本性教育協会
後援 第39回日本性科学学会学術集会
日程 2019年10月5日(土)10:00〜12:00
会場 鹿児島市医師会館 第2会場 中会議室(鹿児島県鹿児島市加治屋町3番10号)
主な内容 レクチャー「配慮?放置? 子どもの性問題でよくある支援上のミス」
グループワーク「『私がなんとかしなくっちゃ!』・・・支援者に生じる反応」
ほか
講師プロフィール 野坂祐子:大阪大学大学院人間科学研究科・准教授、臨床心理士/公認心理士。学校や児童福祉領域での性的問題に関する臨床・研究を行う。
吉田博美:駒澤大学学生相談室・常勤カウンセラー、臨床心理士/公認心理士。武蔵野大学心理臨床センター研究員。性暴力及び性虐待被害者の心理療法を専門としている。
東優子:大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科・教授。ハワイ大学大学院でソーシャルワークを学び、教育福祉学類では社会福祉士養成課程を担当。
参加費
(資料代含む)
1,000円
定員 30名
問合せ・申込み先 参加希望者は(1)お名前、(2)ご所属、(3)連絡先(メールアドレスおよび電話番号)を記入のうえSEE 事務局 kansaishy@gmail.com へメールでお申し込みください。


第10回世界性の健康デー記念イベント2019 in東京
東京性教育研修セミナー 2019夏

テーマ Sexuality Education for All:a bridge to sexual health
性の健康への架け橋:あらゆる人に性教育を!
主催 世界性の健康デー東京大会実行委員会
協賛 日本性教育協会
日程 2019年9月8日(日)10:00〜16:30
会場 ルークホール(東京都新宿区四谷1-7 持田製薬本社ビル内)
内容 ★会場3F「性の祭典」
10:00〜16:00
「性の健康」に関する活動をしている民間団体の展示/活動発表コーナー


★会場2F ホール
10:00〜11:00
「第8 回青少年の性行動全国調査からみえてくるもの」
・片瀬一男さん(東北学院大学教養学部教授)

11:00〜12:00
パネル討論「若者は草食化などしていない!?」
・片瀬一男さん(上記)・大学生5 名程度 モデレーター/池上千寿子さん(ぷれいす東京)

13:00〜15:00
シンポジウム「男性への性教育から考えるすべての人の性の健康」
・内田洋介さん(泌尿器科医)・赤谷まりえさん(編集ライター)・澁谷知美さん(東京経済大学)ほか

15:00〜16:00
パネル討論「世界性の健康デー10周年と、令和の性の健康」
参加費 一般2,000円 学生1,000円(学生証持参)※18歳未満の人(18歳になった高校生含む)は、保護者同伴のこと。
定員 150名
締切 9月4日22時(当日参加は残席次第のため、事前申し込みをお願いします)
問合せ・申込み先 http://wshd.jp/


全性連第49回全国性教育研究大会・第29回関東甲信越静地区性教育研究大会・第32回ちば思春期研究会

テーマ 夢をはぐくむ性教育
主催 全国性教育研究団体連絡協議会、関東甲信越静地区性教育研究大会、ちば思春期研究会
協賛 日本性教育協会
後援 内閣府、文部科学省、厚生労働省、ほか
日程 2019年8月8日(木)13:00〜19:00  8月9日(金)9:30〜15:45
会場 TKP ガーデンシティ千葉(千葉市中央区問屋町1-45 カンデオホテルズ千葉内)
参加費 一般両日参加6,000円。学生両日参加2,000円。一般1日参加3,000円。学生1日参加2,000円。
内容 1日目:
13:00〜13:50 開会行事挨拶・祝辞・開催地報告・次期開催地挨拶

14:00〜14:50 基調講演「 新学習指導要領を踏まえた性教育の取り組み(仮題)」横嶋剛(文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課健康教育調査官)

15:00〜16:00 記念講演「HPV の最新情報」(仮題)川名敬(日本大学医学部附属板橋病院産婦人科部長)

16:00〜16:45 「HPV感染予防教育模擬授業」赤澤宏冶(千葉県立千葉工業高校保健体育科教諭)

17:00〜19:00 懇親会 スカイバスケット(21階)(会費5000円。参加自由)


2日目:
9:30〜12:00 分科会
「小学校における性教育の実践」
「中学校における性教育の実践」
「高等学校における性教育の実践」
「特別支援学級・学校における性教育の実践」
「関係機関等の立場からの取り組み」

13:15〜15:45 課題別講座
「新学習指導要領からの性教育〜集団指導と個別指導〜」野津有司(筑波大学教授・筑波大学附属中学校校長)
「学校で配慮と支援が必要なLGBT の子どもたち」日高庸晴(宝塚大学看護学部教授)
「虐待(性的虐待を含む)現状と対策」桐岡真佐子(千葉市児童相談所所長補佐)
「SNS(コミュニティサイト)に起因する性暴力被害の現状と対策」宮崎豊久(横浜市教育委員会学校課題解決支援チーム専門家)
「『第8回青少年の性行動全国調査』からみえてくる若者像」石川由香里(活水女子大学健康生活学部教授)
定員 300名
申込み先 東日観光株式会社・千葉県教育旅行支店「全国性教育研究大会係」
TEL043-305-1581 FAX043-261-4570
URL https://www.tonichi.co.jp/kyoiku/
申込み締切日 令和元年7月19日締切(ただし定員になり次第締切)
問合せ先 ちば思春期研究会・大会事務局 赤澤宏冶
TEL090-9829-9778 FAX043-234-1136


北東北性教育研修セミナー 2019

テーマ なんでないの?!を、声にするために
日程 2019年6月15日(土)13:30〜16:30
講師 福田和子(# なんでないのプロジェクト代表 )
WAS(世界性の健康学会)Youth Initiative Committee 委員、国際NGP JOICEPLADY.ACTIVIST、性の健康医学財団機関誌『性の健康』編集委員。国際基督教大学入学後、日本の性産業の歴史を学ぶ。その中で、どんな法的枠組みであれば 特に女性の健康・権利が、置かれた状況に関わらず守られるのかということに関心を持ち、 学びの軸を公共政策に転換。その後、スウェーデンに1年間留学し、そこでの日々から日本 では誰もがセクシャルヘルスを守りにくい環境にいることに気付き、帰国後「# なんでないの プロジェクト」をはじめる。以降、アドボカシーに重点を起きつつ、講演や執筆活動を通して、 私たちはもっと守られても いいはずの存在と伝えている。
タイムテーブル 13:30 〜 14:45 福田和子さんトーク
14:45 〜 15:00 休憩
15:00 〜 16:00 ワークショップ「わたしたちの"なんでないの?!W」
16:00 〜 16:30 なんでないの発表
会場 新町キューブ3F(青森市新町2-6-25)
参加費 26歳以上500円(26歳未満無料)
主催 北東北教育研修セミナー実行委員会
協賛 日本性教育協会
申込み先 メールでrc-net@goo.jp へ、または郵送で青森県青森市安方1-3-24 北東北性教育研修セミナー実行委員会へ、氏名/連絡先/所属(ある場合)/参加費区分を明記して。
ページのトップに戻る