HOME > 研修会ガイド > 各種団体

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研修会ガイド
  • JASE後援・協賛
  • 各種団体

各種団体

各種団体の性や性教育に関わる研究会・研修会・セミナー等についてお知らせしています。
テーマ 第20回日本性科学連合(JFS)性科学セミナー
性の健康−平成から令和へ−
日程 10月5日(土)13:00〜17:00
会場 鹿児島市医師会館(鹿児島県鹿児島市中央町8-1)
主なプログラム (1)「青少年の性行動の軌跡:1974〜2017年―「青少年の性行動全国調査」の結果から」
片瀬一男(東北学院大学教養学部)JASE

(2)「性感染症学会における看護職の役割と課題」
齋藤益子(東京医療保健大学東が丘・立川看護学部)JSSTI

(3)「性機能の立場から性の健康を考える− Future of sexual health − World meeting on sexual health 2020 へ向けて」
佐藤嘉一(三樹会病院)JSSM

(4)「性相談の変遷と現在の課題」
金子和子(日本性科学会カウンセリング室)JSSS

(5)「平成元年と令和元年の思春期男子」
今井伸(聖隷浜松病院リプロダクションセンター)JSA

全体討論
参加費 3,000円(学生1,000円)
問合せ先 日本性科学連合(JFS)事務局(〒113-0033 東京都文京区本郷3-2-3-4F 日本性科学会内)
TEL:080-1242-5025 FAX:03-3396-8226 E-mail:info@jfs1996.jp URL:http://www.jfs1996.jp/
テーマ 第38回日本思春期学会 総会・学術集会
生殖機能温存
日程 8月23日(金)〜 25日(日)
会場 大田区産業プラザPiO
(〒144-0035 東京都大田区南蒲田1-20-20)
主なプログラム 会長講演 「思春期からの男性不妊症の予防(仮)」
永尾光一(東邦大学医学部泌尿器科学講座)

教育講演1 「小児期発症の慢性疾患患者の成人移行期支援ガイド」
丸光惠(甲南女子大学看護リハビリテーション学部)

教育講演2 「思春期における月経前症候群の現状と対策」
武田卓(近畿大学東洋医学研究所)

教育講演3 「ダイバーシティ&インクルージョンの実践と教育」
片桐由起子(東邦大学医学部産科婦人科学講座)

シンポジウム1「性教育の今を考える 〜日本思春期学会に求められていること〜」

シンポジウム2「LGBTを人権の視点からどう教えるか」

シンポジウム3「がん教育とHPVワクチン問題〜今、思春期学会がなすべきこと〜」

ワークショップ1「これからの学校におけるインターネット・情報モラル教育」

ほか
参加費 事前申込8000円、当日申込10000円、学生(高校生以上)無料
問合せ・申込み先 主催事務局:東邦大学医学部 泌尿器科学講座(〒143-8540 東京都大田区大森西5-21-16)
運営事務局:株式会社プランニングウィル内(〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-5 石渡ビル6F)
TEL 03-6801-8084 FAX 03-6801-8094  E-mail 38jsa2019@pw-co.jp
URL http://www.pw-co.jp/jsa2019/
テーマ 日本健康相談活動学会 第15回夏季セミナー
健康相談・健康相談活動のスキルアップ
日程 8月17日(土)・18日(日)
会場 いわき産業創造館LATOV 6階
(福島県いわき市平字田町120)
内容 17 日(土)
講義1 「健康相談・健康相談活動のプロセス及び方法に関する理論」
三木とみ子(女子栄養大学 名誉教授)

講義2 「子供たちを取り巻く国の最新動向〜現代的心身の健康課題とその解決にむけて〜」
和田勝行(日本医師会総合政策研究機構主任研究員 ・ 前文部科学省健康教育食育課長)

講義3 「健康相談・健康相談活動に活かす看護学の知識と技術」
遠藤伸子(女子栄養大学教授)

18 日(日)
演習「健康相談・健康相談活動の実践」
三木とみ子(女栄養大学名誉教授)

ほか
参加費 両日参加(7月20日締切):一般6000円(当日7000円)、学生(院生除く)2000円
1日参加:一般3000円(当日3500円)、学生(院生除く)2000円
申込み先
問合せ先
URL http://jahca.org/top/sb.cgi?eid=171
E-mail fukushima2019summer@gmail.com
ページのトップに戻る