HOME > 研修会ガイド > 各種団体

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研修会ガイド
  • JASE後援・協賛
  • 各種団体

各種団体

各種団体の性や性教育に関わる研究会・研修会・セミナー等についてお知らせしています。
テーマ 2022年度一般社団法人性と健康を考える女性専門家の会 総会シンポジウム
私たちのSexual Pleasure宣言 〜性的抑圧のない社会を目指して〜
日程 2022年6月5日(日)13:30〜16:00
主催 一般社団法人性と健康を考える女性専門家の会
プログラム 司会・工藤里香(富山県立大学看護学部、一般社団法人性と健康を考える女性専門家の会理事)

【講演1】
WAS「Sexual Pleasure 宣言」採択までの歴史とその理念
早乙女智子( WAS 理事、一般社団法人性と健康を考える女性専門家の会会長、日本性科学会副理事長、日本性教育協会運営委員

【講演2】
セルフケア・セルフプレジャーから女性主導のセックスへ 佐保美奈子(大阪府立大学大学院看護学研究科、一般社団法人性と健康を考える女性専門家の会近畿支部支部長)

【講演3】
知的障害女性の性的権利保障と性暴力被害のバランス
武子 愛(社会福祉士、大阪府立大学大学院社会福祉学専攻博士後期課程、一般社団法人性と健康を考える女性専門家の会副会長)

ディスカッション
会場 東京薬科大学千代田サテライトキャンパス
  ※ Zoomによるオンライン併用(新型コロナウイルス感染症の状況により完全オンラインに変更もあり)
参加費 一般(非会員)2,000 円、会員1,000 円、学生1,000 円(大学学部生まで、要学生証)
申込み・問い合わせ先 https://pwcsh-2022-sympo.peatix.com/
テーマ 日本性科学会第51回セックス・カウンセリング研修会
ICD-11が示す「性の健康に関する状態」〜治療の実際〜
日程 2022年5月29日(日)9:30 〜 15:30
主催 日本性科学会
内容 ICD-11が示す「性の健康に関する状態」〜治療の実際〜をテーマに、以下の講師がそれぞれの立場から30分程度の講義を行います。また、最後の1 時間はZoom のブレイクアウトルーム機能を使用した演習も行い、講義と実践で総合的にセックス・カウンセリングについて学ぶ研修会になります。

【演題・講師】
「日本版専門家向けSAR(Sexual Attitude Reassessment)の試み」早乙女智子( 公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター研究員、日本性科学会副理事長)

「ICD-11『性の健康に関する状態』の概要」針間克己(はりまメンタルクリニック院長、日本性科学会理事長)

「出生時に割り当てられた性別に違和感を持つ人と医療」松本洋輔(岡山大学病院 ジェンダーセンター、日本性科学会会員)

「ICD-11 から見た男性性機能不全と治療」(仮) 奥村敬子(公立陶生病院泌尿器科、日本性科学会幹事)

「ICD-11における女性性機能不全〜治療の実際」(仮) 田中奈美(つくばセントラル病院産婦人科、日本性科学会幹事)

「性機能障害への心理的アプローチ」金子和子(日本性科学会カウンセリング室、日本性科学会理事)
会場 オンライン(ZOOM)
※参加費をお支払い済みの方に後日リンクが送られます。
参加費 一般(非会員)8,000円、会員5,000円、学生1,000円
申込み・問い合わせ先 https://sexology.jp
ページのトップに戻る