HOME > 研究助成について > SEE性教育アカデミー助成

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研究助成について
  • 全国性教育研究大会助成
SEE性教育アカデミー助成
  • 最新のテーマ
  • 過去のテーマ
  • 東京性教育研修セミナー助成
  • 北東北性教育研修セミナー助成

SEEアカデミー助成

関西性教育研修セミナー実行委員会は、同委員会を発展的に解消し、2018年度よりSEE(Sexuality Education and Empowerment)として、定例講習と公開講座の開催、教材開発、海外研修などの活動を行っています。性教育者養成プログラムの開発、全国的なネットワーキングおよび継続的なフォロー・アップと交流のためのシステムを構築します。

SEE(Sexuality Education and Empowerment)性教育アカデミー2018

 SEEがモデルとするのは、ユネスコなど国連諸機関や国際学会が推奨する「包括的なセクシュアリティ教育」(CSE)です。学校や地域社会でこれから性教育をして行きたい、あるいは立場上しなければならなくなったという初学者はもちろんのこと、実践経験者にとってもCSEの基盤となる価値(人権・多様性尊重など)について学び直し、役立つプログラムを提供します。

テーマ 性教育における価値と倫理
主催 SEE(Sexuality Education and Empowerment)
共催 大阪府立大学教育福祉研究センター、セクスポ財団(フィンランド)
協賛 日本性教育協会
後援 大阪府立大学女性学研究センター
日程 2018年7月28日(土)・29日(日)
会場 大阪府立大学「I-siteなんば」 (南海なんば第1ビル2階)
内容 7月28日(土)10:00〜20:30
「性教育の5W1H」東優子(大阪府立大学)
「人権としての性教育」小貫大輔(東海大学)
「価値と性の倫理」トミ・パーラネン(セクスポ財団)
「ふりかえりワーク&懇親会」

7月29日(日)9:30〜16:30
「ふりかえりワーク」東優子(大阪府立大学)
「性と生殖の健康」池上千寿子(ぷれいす東京)
「多様性・つながり・実践」土肥いつき(京都府立高校)
「性の安心と安全」野坂祐子(大阪大学)
「ふりかえりワーク」吉田博美(駒澤大学)
「修了証書授与」
参加費 20,000円(2日間・日英通訳付・懇親会費含む)
募集人数 20名(講師陣との対話が深まる少人数制)
申込み先 参加希望者は(1)氏名、(2)所属、(3)連絡先(メールアドレスおよび電話番号)を記入のうえSEE 事務局 kansaishy@gmail.com までメールで申し込みください。


過去のセミナーのテーマと詳細

詳しくはこちら

ページのトップに戻る