HOME > 研究助成について > SEE性教育アカデミー助成

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研究助成について
  • 全国性教育研究大会助成
SEE性教育アカデミー助成
  • 最新のテーマ
  • 過去のテーマ
  • 東京性教育研修セミナー助成
  • 北東北性教育研修セミナー助成

SEEアカデミー助成

関西性教育研修セミナー実行委員会は、同委員会を発展的に解消し、2018年度よりSEE(Sexuality Education and Empowerment)として、定例講習と公開講座の開催、教材開発、海外研修などの活動を行っています。性教育者養成プログラムの開発、全国的なネットワーキングおよび継続的なフォロー・アップと交流のためのシステムを構築します。

SEE(Sexuality Education and Empowerment)性教育アカデミー・2018 春

テーマ トランスジェンダーの歴史
主催 SEE(Sexuality Education and Empowerment)
2006年より、関西性教育研修セミナー運営委員会として、研修の開催・海外スタディーツアー等を企画・実施。2018年度よりSEEに変更、今後、系統的なアカデミー開講予定。
後援・共催 日本性教育協会・関西GIC ネットワーク・大阪府立大学学生センター・大阪府立大学女性学研究センターほか。
日程 2018年4月19日(木)18:30〜21:00
会場 梅田ガクトホール (大阪市北区梅田2-6-20 パシフィックマークス西梅田14 階)
内容 講師:アーロン・デヴォー 氏(ヴィクトリア大学教授)
初来日となるトランスジェンダー研究の第一人者で、カナダ・ヴィクトリア大学に附置されているトランスジェンダーに関する貴重資料アーカイブスの総指揮者であるアーロン・H・デヴォー教授(社会学)をお迎えし、「トランスジェンダーの歴史」についてお話いただく。司会・コメンテーターは、土肥いつき氏(セクシュアル・マイノリティ教職員ネットワーク副代表・高校教員)と康純氏(NPO 法人 関西GICネットワーク理事長・精神科医)。
参加費 一般2,000円、学生500円 (通訳付) ※事前予約者は、軽食付き。
問合せ・申込み先 参加希望者は(1)氏名、(2)所属、(3)連絡先、(4)その他(講師への質問等)を記入のうえSEE 事務局 kansaishy@gmail.com へメールで申し込みください。
※情報保障に関する合理的配慮が必要な方は、4月1日までにご連絡を。


過去のセミナーのテーマと詳細

詳しくはこちら

ページのトップに戻る