HOME > 研究助成について > 東京性教育研修セミナー助成

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研究助成について
  • 全国性教育研究大会助成
  • 関西性教育研修セミナー助成
東京性教育研修セミナー
  • 最新のテーマ
  • 過去のテーマ
  • 北東北性教育研修セミナー助成

東京性教育研修セミナー助成

1976年より日本におけるセクソロジーの基礎づくりを目指して開催してきた「日本=性研究会議(JASS)」を、2011年度より、東京性教育研修セミナーとし、協賛・助成します。
人間の性にかかわる自然科学、社会科学、教育学などの研究者や団体が研究発表するセミナーを協賛します。

東京HIVと性の教育セミナー2017冬

渋谷区同性パートナーシップ条例から1年、LGBT という言葉がふつうに使われるようになりましたが、LGBT のなかのトランスジェンダーの性の健康についてはほとんど語られません。LGBTという縦割りのくくりではおさまらない人たちもいるし、少数派になるほど健康リスクにさらされたりします。そんな埋もれたテーマを二人のトランスジェンダーのゲストとほりおこし、多様さの幅を広げます。1万人が回答したゲイ男性を対象にした出会い系アプリ上の最新調査(トランスジェンダーも回答には含まれる)の中間報告を共有しながら、学校や地域でなにができるか考えてみませんか?

テーマ トランスな私たちと性の健康
―ゲイ? レズビアン? ヘテロ? それとも?―
主催 特定非営利活動法人ぷれいす東京
協賛 日本性教育協会
日程 2017年2月11日(土・祝)13:00〜17:30
会場 日本性教育協会セミナールーム(東京都文京区小石川2-3-23 春日尚学ビルB1)
ゲストスピーカー 浅沼智也さん(FTM ナースコーチ)、レディ X(MTF HIV+)
報告 「なぜなにアンケート LOVE & SEX 調査(厚生労働科学エイズ対策研究事業 研究班 平成 28 年度調査)」中間報告 生島嗣(ぷれいす東京代表)
参加費 1,000円(資料代含)
定員 30名(定員になり次第締切)
対象 性の健康と性教育に関心のある方、教職員、助産師、保健師、学生等。
申込方法 件名を「2月11日セミナー参加希望」とし、氏名を明記のうえ下記問合せ先アドレスまで。
E-mail office@ptokyo.org
問合せ先 特定非営利活動法人ぷれいす東京
E-mail office@ptokyo.org TEL 03-3361-8964(月〜土 12〜19時)


これまでの東京性教育研修セミナー・日本=性研究会議(JASS)のテーマはこちら

ページのトップに戻る