HOME > 出版物・資料案内 > 出版案内 > 性科学ハンドブック

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 出版物・資料案内
出版案内
  • 現代性教育研究月報
  • 関西性教育研修セミナー10周年記念誌
  • 性教育ハンドブック
  • 性科学ハンドブック
  • 日本=性研究会議会報
  • セクシュアル・ヘルスの推進
  • すぐ授業に使える 性教育実践資料集
  • 青少年の性行動第8回調査
  • 「若者の性」白書
  • 資料室
  • 蔵書について
  • 海外の情報

書籍案内

性科学ハンドブック

JASEでは、性教育の普及・振興のために、性教育・性科学に関する書籍の出版及び販売を行っております。

ご購入方法

「JASEで購入」をクリックし、出版物注文フォームに必要事項をご記入のうえ送信してください。ご注文いただいた本を送付いたします。代金は後払いです。
(公費でのご購入にも、対応いたします。)

送料について
1〜4冊の場合180円。5〜6冊の場合300円。7〜10冊の場合360円。11冊以上の場合は発送先や冊数によって送料が異なります。一度の注文で日本性教育協会発行の出版物を5000円以上お買い上げいただくと送料は無料です。

JASEで購入

性科学ハンドブック vol.12 腐女子文化のセクシュアリティ

2009年6月刊 A5版・96ページ 500円

<内容>
テーマについて(加藤秀一)、〈やおい・BL〉の魅力とは何か?〜若き女子たちの「愛と性の教養書」〜(斎藤みつ)、 女性のマスタベーションとBL(守如子)、当事者性の発見から他者性の分析へ〜やおい・ボーイズラブの〈再〉ジェンダー分析のために〜(石田仁)、やおいパロディにおける腐女子の規範と可能性(金田淳子)、〈ディスカッション〉腐女子文化のセクシュアリティ 。第54回日本=性研究会議におけるシンポジウムを採録・加筆してまとめたものです。 詳細はこちら

JASEで購入

性科学ハンドブック vol.11 思春期の性衝動〜男の子の性を考える〜

2008年6月刊 A5版・78ページ 400円

<内容>
私の上に降る雪は〜文学から見た男性思春期の性欲(宮原忍)、幼若期の生育環境と性衝動〜動物モデルからの検討(近藤保彦)、性衝動と性非行の間にあるもの〜性非行少年の心理療法から考える(針間克己)、思春期男子の性的発達〜中高生へのフィールドワークから見えてくるもの(野坂祐子)、シンポジウム「男の子の性を考える」を終えて(池上千寿子)。第52回日本=性研究会議におけるシンポジウムを採録・加筆してまとめたものです。

JASEで購入

性科学ハンドブック vol.10 がん患者・家族のセクシュアリティ

2005年6月刊 A5版・74ページ 400円

<内容>
がん患者におけるセクシュアリティの現状(高橋都)、患者の立場から(まつばらけい)、看護師・助産師の立場から(佐藤重子)、医師の立場から―乳がん薬物療法の現場から(伊藤良則)、セックス・セラピスト(カウンセラー)の立場から(金子和子)。ディスカッション:がん患者・家族のセクシュアル・ヘルスを考える。第47回日本=性研究会議におけるシンポジウムを採録・加筆してまとめたものです。

JASEで購入

性科学ハンドブック vol.9 性情報とメディア・リテラシー

2004年6月刊 A5版・80ページ 300円

<内容>
メディア・リテラシーの現在(鈴木みどり)、性情報をめぐる問題で、メディア・リテラシーに何ができるか(諸橋泰樹)、性表現をめぐる規制とメディア・リテラシー(篠田博之)、メディア・リテラシー教育の授業をつくる(藤川大祐)、第45回日本=性研究会義におけるシンポジウムを採録・加筆してまとめたものです。

JASEで購入

性科学ハンドブック vol.8 江戸のセクシュアリティ&笑い

2003年6月刊 A5版・64ページ 400円

<内容>
落語「目薬」(柳家福治)、落語・落咄とセクシュアリティ 郭(くるわ)・咄・破礼(ばれ)咄など (延広真治)、江戸の遊郭と好色(佐伯順子)、春画と笑い(白倉敬彦)など、第43回日本=性研究会義におけるシンポジウムを採録・加筆してまとめたものです。

JASEで購入

性科学ハンドブック vol.7 セクシュアリティと心理学の最前線

2000年6月刊 A5版・74ページ 300円 [品切れのため購入できません]

<内容>
生涯発達心理学からみた思春期の性の発達と恋愛・結婚・出産(無藤隆)、心理学における「性」の研究(青野篤子)、ジェンダーとセクシュアリティ(伊藤裕子)、青少年の「性」の心理学的背景(松井豊)など、第41回日本=性研究会義におけるシンポジウムを採録・加筆してまとめたものです。
[品切れのため購入できません]

性科学ハンドブック vol.6 性の主体性

1999年6月刊 A5版・68ページ 300円 [品切れのため購入できません]

<内容>
性の「主体」/性の〈主体〉(立岩真也)、セクシュアリティと女性疾患(高橋 都)、性をめぐる医療と法一人権と生命倫理の視点から(斉藤有紀子)、性的主体性の回復(平川和子)など、性について主体的であることをめぐる考察と、その討議録。
[品切れのため購入できません]

性科学ハンドブック vol.5 女性の性的自己決定

1998年6月刊 A5版・72ページ 300円 [品切れのため購入できません]

<内容>
シンポジウム 女性の性的自己決定をめぐって  はじめに  性的自己決定とは何か  ピル認可で何が変わるか  性的暴力の事例は訴えるもの  代理母=生殖をめぐる問題  援助交際と10代の性  討議
[品切れのため購入できません]

性科学ハンドブック vol.4 データ解読:現代のセクシュアリティー

加藤秀一著

1997年10月刊 A5版・84ページ 300円 [品切れのため購入できません]

<内容>
人間の“性”に関わるさまざまな種類のデータを解読し、その背後にみられる“現実”について考察。青少年の性意識、同性愛、エイズ、少女売春、夫婦別姓、性差別など、現代の諸問題に迫る。“ジェンダーとセクシュアリティについて考えるための……ささやかな「視点の転換を試みた」”(まえがきより)
[品切れのため購入できません]

性科学ハンドブック vol.3 若者の性はいま・・・青少年の性行動 第4回(1993年)調査

1997年7月刊 A5版・78ページ 500円 [品切れのため購入できません]

<内容>
はじめに  第T章 日本の若者のプロフィール  第U章 現代青少年の性と恋愛  第V章 現代青少年の性意識を通してみるジェンダー関係  まとめ  付表 調査票      主要集計結果/学校種別・男女別      主要集計結果/年齢別・男女別  あとがき
[品切れのため購入できません]

性科学ハンドブック vol.2 10代の性行動をどう見るか

1997年6月刊 A5版・56ページ 300円 [品切れのため購入できません]

<内容>
青少年条例と10代の性行動(福島章)、アメリカの性行動調査に見る若者への視点(石川弘義)、法律及び社会環境と若者たち(池上千寿子)、出版物の規制と若者たちへの影響(白井勝也)、男女強制の度合と10代の性行動(玉田太朗)。
[品切れのため購入できません]

性科学ハンドブック vol.1 男性と女性の性生理

佐藤龍三郎著

1996年8月刊 A5版・62ページ 300円 [絶版のため購入できません]

<内容>
目次 1.性の起源と分化 2.女性の性器と性成熟 3.男性の性器と性成熟 4.性行動 5.妊娠の成立と避妊
[絶版のため購入できません]

出版案内TOPへ

ページのトップに戻る