HOME > 研修会ガイド > 各種団体

  • JASEについて
  • 研究事業について
  • 研究助成について
  • 出版物・資料案内
  • 研修会ガイド
  • 研修会ガイド
  • JASE後援・協賛
  • 各種団体

各種団体

各種団体の性や性教育に関わる研究会・研修会・セミナー等についてお知らせしています。
テーマ 平成28年度 第43回 中高年女性保健セミナー
生涯を通じた女性の健康をサポートするために
日程 3月18日(土)・19日(日)
会場 東陽セントラルビル ホール(東京都江東区東陽)
主な講演 ・中高年女性保健のあり方:その意義と実践
・中高年期の生活習慣〜なぜ生活習慣病になる?〜
・中高年期の生活習慣〜運動と食事の重要性〜
・中高年期のセクシュアル ・ヘルス
・気になる女性の病気1〜乳がん〜
・気になる女性の病気2〜子宮・卵巣の疾患〜
・就労女性の健康管理と保健指導〜 QWL の向上を目指す〜
受講料 27,000円(税込)
定員 80名(要事前申込)
対象者 保健師、助産師、看護師、介護士など保健・医療・福祉に携わっている方
お問合せ先 一般社団法人日本家族計画協会 研修担当
〒162-0843 東京都新宿区市谷田町1-10 保健会館新館
TEL03-3269-4785 FAX03-3267-2658 http://www.jfpa.or.jp
テーマ GID(性同一性障害)学会第19回研究大会・総会in 札幌
GID治療の未来―当事者と医療者の融合―
日程 3月18日(土)・19日(日)
会場 札幌医科大学 臨床教育研究棟 講堂・記念ホール(北海道札幌市中央区南1 条西16 丁目)
内容 18日( 土)
シンポジウム1「GID診療チームの立ち上げについて〜診療の裾野を広げるために〜」
シンポジウム2「身体的治療の標準化について〜次世代に繋げるために」
ほか

19日(日)
シンポジウム3「GIDの用語を巡る諸問題」
シンポジウム4「教育現場における性別違和を持つ児童の現状と対応」
「GID委員会からの報告」
「理事長講演」
ほか
参加費 一般8,000円 当事者5,000円 学生1,000円  (入会金:2,000円)
お問合せ先 事務局:札幌医科大学医学部泌尿器科講座(北海道札幌市中央区南1条西16丁目)
TEL060-611-2111(内線3472)市原浩司
運営事務局:株式会社コンベンションリンケージ(北海道札幌市中央区北2条西4-1北海道ビル)
TEL011-272-2151 FAX011-272-2152 Email:gid19@c-linkage.co.jp
テーマ セックスワーカーのためのアドボケーター養成講座
日程 4月29日(土)・30日(日)
会場 東大本郷キャンパス(文京区本郷7-3-1)
講座内容 1日目(10:00〜17:00)
「なぜ『性』は語りにくいのか?」
「セックスワークをめぐる法その歴史と現在」
「セックスワーカーをめぐる法体系と暴力防止アプローチ〜国際編 〜」
「ゲイ男性向け風俗店の現状と課題」
「セックスワーカーとは誰のことか?」
ほか

2日目(10:00〜18:30)
「セックスワーカーのセクシュアルヘルスとメンタルヘルス」
「合意とは何か〜性が暴力となる時〜」
「セックスワーカーの労働相談と犯罪被害」
「セックスワークと表現」
【シンポジウム】「それぞれの現場から見えてくるもの〜どう連携するか」
受講料 30,000円(税込)
定員 50名(定員になり次第締切)
対象者 対人支援・相談員、カウンセラー、医療・福祉・保健・教育・防犯等関係者、行政官、政治家、研究者、弁護士、ジャーナリスト、アーティスト、風俗店店長・従業員、出版関係者、学生等、性風俗で働く人々の支援に関心のある方。
問合せ先等 申込専用ページ:http://swash-rcnet.peatix.com/
問い合わせ:mail.swash@gmail.com
共催 : SWASH、レイプクライシスネットワーク(RC-NET)
後援 : 特定非営利活動法人アジア女性資料センター
ページのトップに戻る